健康維持

パワーストーンで病気に対応する

よくある話なのですが重い病にかかってる人、心が暗く重い人は水晶などの邪気払い系の石を持つと明るい性格に変わるらしいです。
病気というものは周りの環境から受ける邪気なども深く関わっているために心の病気と言うものは引き起こされてしまうのです。
もちろん体の不調が続いて病院にかかっていたりする人などは翡翠などを持つと健康に恵まれ病気も軽減していくようです。

パワーストーンには体の健康を維持し心の病にも効くような効果が見られます。
それはパワーストーンの持ってる力は様々なのですが健康に関係するものは古来から有名でしたから、特に強い力を発揮するようですね。
今現在体調が悪く病院通いが続いている人でも、この翡翠を持つことによって不調から快方に向かっていくなどの声もよく聞くようですね。

病は気からという言葉もあるように、本人に治したいという気持ちが強ければ強いほどこの力は大きく働いてくるようですから、石がそれを手伝ってくれるのです。
パワーストーンは多くの方はお守り的な気持ちで持っている人も多いですが病気を治したいという心からの願いにはとても強く働きます。

また健康を司る翡翠や邪気払いの水晶やブラックオニキスとともに邪気を跳ね除けることができるのです。
またストレスの軽減をさせるハウライトルコとの相性もとてもいいので重ね付けすると良いでしょう。
また、パワーストーンの体験談も参考に是非ご覧ください。

このページの先頭へ